[自然音CD] 日光 森の響き【夜編】-バイノーラル録音による日光の森の一夜、生き物たちの饗宴の声-

¥ 1,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

日光の森の一夜、生き物たちの饗宴の声
日本語には一夜の「ある時」を表す美しい言葉がたくさん用意されています。日の入る夕方の「入相(いりあい)」から、夜の始まりを「宵」、その宵から「初更(しょこう)」「深更(しんこう)」と続き、そして東の空がほの明るくなり夜が明け始める頃を「東雲(しののめ)」、「黎明」と、時の流れをトレースするように、またその時の持つ微妙で繊細なニュアンスさえも短い言葉の中に凝縮されています。
日本語と同じように生き物の世界でも、その「時」に応じた役者が存在し、それぞれの役割を果たしています。一夜の時の流れの中で、野鳥や蛙などの森の生き物たちは、それぞれ特色ある自己表現をします。とくに繁殖時期となる春から初夏にかけては、鳥や蛙などが一年中で最も活発に動き、鳴き、囀り、飛び回る時期です。虫たちは夏がその時期になります。
我々人間が深い眠りに就いている頃、多くの生き物たちが森の中で、上空で、水辺で躍動しています。そんな日光の森の饗宴の声、「森の響き」をバイノーラル録音でお届けします。あたかも森の中に佇んで自然に囲まれているようにその声に癒やされることでしょう。 眠れぬ夜にどうぞ。

バイノーラル録音
私たちが鳥の声や水の音などの自然音を聞くとき、二つの耳だけで上下左右、前後といった音のさまざまな方向を立体的に認識することができます。そしてその場所が狭いのか広いのかなどの空間をも認識することができます。
このような人間の優れた聴覚特性を生かしながら自然の中に佇んでいるような雰囲気を記録し、そのまま再現する方法が考え出されました。それは人間の頭部モデル(ダミーヘッド)の耳の位置にマイクを配置し、そのマイクで録音した音をヘッドフォンで再生することにより、実際にそこに佇んでいるかのような臨場感あふれた音が再生できる、というものです。この録音方法をバイノーラル(binaural)録音といいます。 bi-aural、「二つの耳」という意味です。
ダミーヘッドを森の中に置いて録音します。生き物たちは警戒することもなく、生き生きとした鳴き声を聞かせてくれます。
スピーカーから再生しても普通の録音より自然に聞こえますが、イヤフォンやヘッドフォンで聴くと、より臨場感のある声を聞くことができます。

※送料無料です。普通郵便でお届けします。